窯をつくる

奥会津三笑窯
  
   〒968-0214
   福島県大沼郡
   大字大芦字赤坂山4894-92

    п@: 0241-573210

今はトンネルが出来たため本当に近くなりましたが、昭和村を初めて訪れた当時は
会津田島駅から船鼻峠を通ってバスで1時間半。

コンビニも何もなく、あるのは美しい自然と奥会津の生活だけでした。

お気に入りは、豊富な赤松やナラの林、そして村の人。

友人から勧められ、村を巡るといっぺんで気に入りました。
そして、この昭和村に薪で焚く「窖窯」をつくることを決心しました。


道路から窯場までの
廊下の躯体が
出来ました

垂木の取り付け
上も下も皆 素人です

いよっ!! 棟梁!!
窯内部に必要な勾配
基礎を掘り込みました
設計図に基づいて
基礎の石を並べています
微妙な内面の R には
竹と板を組み合わせて
形をつくりました

耐火レンガを積み上げ
形が出来てきました
あと ひと息です

完成です
横須賀から通って
窯だけで半年かかりました
完成から12年
22回目の窯焚きです
まりです
次の窯を
目論んでいます
奥会津三笑窯へ戻る
inserted by FC2 system